ひかげでダンス

物書きをお仕事にしたい人。練習中。

継続は力なり

私は割と多趣味です。読書とか、編み物とか、映画を観るのも好きだし、美術館に行くのも好き。さらに挑戦してみたいことも多い。英語をもう少し話せるようになりたいし、羊毛フェルトやレジンなんかは一度もやったことないからやってみたい、なんならそういう、デザインやカラーコーディネートの勉強も始めてみたい。だけど日中は仕事、帰ってきて洗濯に料理にお風呂とくれば、もう1日はおしまい。なにも手に付いてない気がしてならない。全部中途半端な気がしてならない。


そんなときにいつも思うのが、タイトルの「継続は力なり」ということ。

学生のころまで、「継続」とは、「毎日やること」だと理解していたけれど、今はそうではない!と、胸を張って宣言できる。「継続」とは、「想い続けること」だと思っている。


例えば、昨日、約1ヶ月ぶりに筋トレをした。来年の11月にウエディングドレスを着て写真を撮るために、目下肉体改造中の私。しかしながらこの年末年始で新婚旅行に出発し、現地でなにもしなかったのだ!!なにも、しなかったのだ!!!

そんなわけで昨日、なんとか頑張って筋トレしていて、ハッと気付く。

全然ついていけてる!

ちゃんとやれる!

1ヶ月以上(ウォーキング以外の)運動をしていなかった私でも、12月につけた筋肉はそこまで衰えていなかったのです。やったことは体にきちんと蓄積されて、ちゃんと実になっていた。

もっとしっかり自覚したのは、趣味の編み物でのこと。

私は小学生時代に手芸部に所属して、ガラクタ生産をしていた。そんな中で鉤針の編み物に出会い、ぬいぐるみを作ろうと奮闘するものの、どうしても編み方がわからない。当時は動画もなく、本に載っている平板な編み図や編み方指南がすべて。母も編み物をする人ではなかったので、編み方指南のページを見ても全くわからず…。そうこうしているうちに「編み物はださい」という価値観に身を置くこととなり、それ以降編み物をすることはなくなった。実家には当時の鉤針が置いてあるはずだが、もうわからない。捨ててあるような気がする。

そんな編み物を、大学時代に再開した。実家暮らしでサークルにも馴染めなかった私には時間がありっっったけ余っていたが、バイトをするのもしんどくてヤダ。「ローコストで楽しめるなにかがないかな」と考えて思い至ったのが編み物だった。

「一回作ったのをほどいちゃえば毛玉何個かで一生遊べるじゃん!」

というバカな理由だった。

だけどドンドンはまっていく。理系に進学して図面の書き方なんかも勉強したせいか、普通に編み図も編み方も理解できた。セールでまとめ買いしてポンチョなんかに挑戦したり、アラン模様にハマって猛烈にクロス編みした。先日2ヶ月でカーディガンを編み終えて、本当に痛感した。「こんなに長いブランクがあっても、好きなものは好きだし、スキルとして体が覚えてるんだな」と。


「継続」って、必ずしも毎日やらなくていいんだと、今は素直に思っています。「好きなもの」としてちょっとでも想っていれば、それはすでに「継続」であると思っています。

筋トレだって、「やらなきゃやらなきゃ」と思ってるだけで継続です。その後本当にやるかどうかで、成果の出るタイミングが変わってくるだけ。だから1週間あいだが空いたって、どうってことはありません。今週は編み物、来週は勉強。でも、想っていれば、ぜーんぶ毎日継続できています。

継続できていれば、これからも続けていけば、どこかではきっと大きな花になると信じています。それがばあさんになった時だとしても。いつか、そういう日を夢見て!